RSS

History歴史

ホワイトイルミネーションの歴史


1981年12月12日、
わずか1,048個の
電球から始まる物語…

ホワイトイルミネーション誕生物語

 

「スイッチ・オン」歓声が大通西2丁目広場に沸き起こりました。昭和56年(1981)12月12日、シンボルオブジェに取り付けられた1,048個の電球に光がともりました。たった1本のイルミネーションというのに、それは、予測をはるかに超える世界の誕生でした。

昭和56年当時は、夏型観光が主流であり、「四季折々の魅力あふれる札幌」に訪れてもらう通年観光への脱却は観光業界にとって大きな課題でした。全国的に、そして世界的な一大フェスティバルとして知られた札幌の雪まつりへとつながる初冬の新しい観光イベントの創造、この想いがホワイトイルミネーションを産む源泉にあったのです。

そんな折、ニューヨークのクリスマスツリーのように札幌でもイルミネーションを使ったイベントが出来ないかとのアイデアが出され、新しい観光さっぽろへの夢が大きく広がりました。

実現にあたって、国内はもとより、世界的にユニークなホワイトイルミネーションを生み出そうと決意しました。 光はどこでも同じものを出せるが、これに白い色をマッチさせ、デザイン化された造形と幻想的な音源をからませてみよう - ということになりました。

こうして独創的で、かつ芸術性豊かなシンボルオブジェが制作されて、冬の札幌の夜空から、全世界に向けてホワイトイルミネーションが発信されたのです。


受賞歴

 
1985年
自治省 都市景観賞
札幌市 都市景観賞
1996年
日本建築美術工芸協会
特別賞
2013年
平成25年度
北国の省エネ・新エネ大賞
2017年
「日本三大イルミネーション」
に認定

さっぽろホワイトイルミネーションの歩み

 
  • 1981
    第1回
    電球数1,048個
    できごと大通2丁目会場のみ
    1981
  • 1982
    第2回
    電球数41,088個
    できごと大通3、4丁目会場増設
  • 1983
    第3回
    電球数90,536個
    できごと大通5丁目会場増設
  • 1984
    第4回
    電球数122,223個
    できごと大通6丁目会場増設
  • 1985
    第5回
    電球数134,063個
    できごと
    1985
  • 1986
    第6回
    電球数153,054個
    できごと駅前通会場(南大通~南4条)新設
    1986
  • 1987
    第7回
    電球数162,204個
    できごと
    1987
  • 1988
    第8回
    電球数204,712個
    できごと駅前通会場(大通~北5条)増設
    1988
  • 1989
    第9回
    電球数210,128個
    できごと
    1989
  • 1990
    第10回
    電球数212,982個
    できごと
    1990